スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
親の義務
【21日2日】
今日は七夕ですね~!
今年赤ちゃんが生まれたら、来年からは七夕もやろう!!!
日本の年中行事をいっぱいやろう。
そういうこともなんだか楽しみだ~・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:

今日は最近再び読んだ本について・・・
以前、仕事をしているときに
障害者関係の商品開発をしたことがあって、
その時にこの本を買いました。
五体不満足 五体不満足
乙武 洋匡 (1998/10)
講談社

この商品の詳細を見る

日本人ならみんなが知っている乙武洋匡さん。
乙武さんは皆さんご存知の通り、
腕も足もない障害を持っています。
でも、頭も良く、著名で、素敵な奥様もいて、
今となってはもちろんお金持ち。
成功者の一人です。

その当時は、障害者を知ることが目的で読みました。
もちろん、障害者と行っても、100人100色。
彼が障害者のすべてなわけがないので、
あくまでも参考までに読んだ・・・というかんじです。

で、妊娠して、
障害に対しての観点が今までとはちょっと違う感じになってきた気がしたので、再び、この本を読んでみました。

障害者自身を知るという観点から、
今はその障害者を取り囲む周りの人間に目が行くようになりました。
本を読んでも乙武さん自信の行動より、その周りの人たちの行動のほうが気になるんです・・・。

乙武さんが重い障害を持ちながらも
障害にめげず明るくたくましく生きてこれたのは
ご両親の豊かな心があり、素晴らしい友人に恵まれた他にない。
そんな感想を持ちました。

そして私はこれから母となる人間として
その心を持っているのか・・・。


子供がどんな状態で生まれてきても
そのすべてを受け入れる心の準備が私にはあるのだろうか。
子供が幸せを感じられる私の心の豊かさはあるのだろうか。
子供を幸せへと導く器量が私にはあるのだろうか?


そういうことはいくらシュミレーションしてみても
実際生まれてみなければ分からない。
夫にもそういわれた。

その通り。

障害に対する心構えなどは現実に比べれば
比にもならないことだろう。

でも、これだけは自分に言い聞かせなくてはいけない。

人間は、生まれてきたからには
たとえその姿がどうであろうとも、
思考が、頭脳がどうであろうとも、
どんな困難があろうとも



人生を幸せにおくる権利がある。


幸せな人生がいったいどういうものなのかは分からない。
けれど私は、それをサポートする義務がある。


子供に身体的な障害があっても
心身的な障害があっても
病気があっても、アトピーがあっても
はたまた障害などはなかったとしても・・・


私は生まれてきた子供が
幸せに人生を送れるための
土台を作る義務がある


今は自分にそう言い聞かせ、
母としての自覚を養うことくらいしか出来ないけど。
でも、そう思うことはきっと重要だと思う。

そして
子育てがスタートして走り出してノンストップになって・・・
疲れて子供の幸せを考えられなくなった時の自分に
子供がおなかにいたときの自分の考えとして
記録しておこうと思う。



私は子供が幸せな人生をおくるための
土台を作る義務があるんだ。


今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!
応援にこちらをクリック↓御願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログへ←マタニティーブログランキングへ
←FC2ブログランキングへ
←人気ブログランキングへ
ランキング参加中です!
応援クリック御願いします!
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2007/07/07 23:24 】

| 妊娠中に思ったこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<牧場へ行く~! | ホーム | 初!マタニティースイミング!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cestmalavie.blog89.fc2.com/tb.php/60-f4c63ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。